教室にはヨウスケさんのチームの人達が残っていて、みんなが挨拶をしてくれた。

その中に女の人がいて、私は安心した。


リカです!
よろしくね。

そう言って話しかけてくれた女の人が、

さすがヨウスケ

メイクしがいがあるー

とテンション上がっている。


ヨウスケさんは

やろ?
ずっとかわいいなぁと思ててん。

と言った。

 

 

 


マサキはそこで帰ってしまい、私だけが残された。

みんなにコンセプトなどを聞かされ、メイクやヘアや衣装など、色んなことが目の前で話し合われた。

 


私はただただ気が重たかった。

出来るだけ大和を心配させるようなことしたくないのに。

そう思って、引き受ける形になってしまったことを後悔していた。


帰り際。
ヨウスケさんに電話番号を聞かれた。


私は一瞬迷ったが、これから嫌でも連絡を取り合わないといけない。
そう思い、携帯を取り出した。




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村