毎日同じ時間に起きて、同じ時間にマンションを出て、同じ時間の電車に乗り通学していた。

電車内でユカ達と合流し、一緒に登校していたからだ。




近所にあるマンションにも、同じ学校の人達が何人か住んでるみたいで、行きや帰りに見かける顔もだんだんと見慣れてきた。






そんな中。


1
人気になる人がいた。



大和に雰囲気が似ていたから。



と言っても顔がそっくりとかそういうんじゃない。


背丈とかスタイルとか。
服のセンスとか。


言葉では言い表せにくいが、とにかくどこかが大和を思わせる人だった。




間違いなくこの人もモテるんやろな。

見る度にそんな事を思っていた。



何度か目があったが、私はすぐにそらした。


その人もマサキと同じ美容科だったが、学校ではあまり見たことがなかった。





学校が終わるとバイトか、ハンドモデル探しにユカ達と行った。

たくさんの女の子達に声をかけ、連絡先を聞いて練習させてもらっていた。



毎日が忙しくてどんどん時間が過ぎて行った。




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村